DTMにグラボは必要?不要?おすすめグラボも紹介!

グラフィックボード(通称グラボ)とは、パソコンの映像出力機能に特化したPCパーツです。高いグラフィック性能が要求される3Dゲームを快適にプレイしたいゲーマーや、4K・CG素材を扱う動画クリエイターなどにとっては必須のパーツです。

では、DTMにグラフィックボード(グラボ)は必要なのでしょうか?

今回は、この疑問に対して私なりの答えを出したいと思います!

目次

グラボがなくてもいい3つの理由!

理由① CPUの内臓グラフィックで十分


結論から言うと、DTMにグラボはなくても構いません(不要と断言しない理由は後述)。

なぜなら、ほとんどのCPUには「GPU」と呼ばれるグラフィック処理プロセッサが搭載されており、グラボを増設せずとも問題なく映像を出力できるからです。しかも、その能力は年々進化を続けており、基本的にはこれで十分なのです。

ただし、一部の「Intel製CPU(末尾がF)」や、大部分の「Ryzen製CPU(末尾がG以外)」にはグラフィック機能がありません。こういったCPUを使う場合にはグラボが必須となります。

理由② 大した負荷ではない

同時に大量表示した例

VSTプラグインやソフト音源の中には、リアルタイムに目まぐるしく変化するアナライザーが搭載されたEQやコンプなど、やたらGPUに負荷をかけるものが存在します。

とはいえ、そういったものは同時に大量表示しなければいいだけのことですし、使うにしても冒頭で例に出したゲーマーや動画クリエイターに比べれば、たかが知れています。一般的な編成の曲であればグラボが必要になるようなことは基本ないと考えます。

理由③ 他にお金をかけるべき

世界的な半導体不足やコロナ禍による巣ごもり需要などもあり、近年グラボの価格は高騰しています。中には、1万円を切る破格の製品もありますが、これらの性能はCPU内臓グラフィック以下のこともあり、導入するメリットがありません。ちゃんとした製品を買うなら3万円程度は見ておいた方がいいでしょう。おすすめのグラボについては最後の章で解説します!

現在不便なくDTMができているのであれば、その予算をソフト音源やプラグインなど、楽曲のクオリティに直結する機材に回した方が費用対効果は高いでしょう。

DTMでグラボを使う3つのメリット!

ここまで、グラボがなくても問題なくDTMができる理由を3つの項目に分けて説明しました。

とはいえ、グラボがあった方がいいケースも少なからず存在します。
ここからは、DTMでグラボを使うメリットについて考えてみましょう!

① CPUへの負荷が減る

グラフィック処理をグラボに任せることで、CPUへかかっている負荷を減らすことができます。これにより、熱に弱いパーツであるCPUの温度が下がり、結果的にシステム全体のパフォーマンス向上につながります。

ただ、その分消費電力は増加しますので、わずかながら電気代が増える可能性があることも頭に入れておいた方がいいかもしれません。

② 3画面以上使える

制作環境

マザーボードの映像出力端子は2つ(Display PortとHDMI)しかないことが多く、この場合3画面以上の出力ができません。グラボを導入することで映像出力端子が増え、最大4画面まで出力できるようになります。

画像は私の制作環境です。一見2画面のようですが、もうひとつ32インチのモニタが横にあり、3画面で作業しています。

③ 動画制作に有利

DTMerの多く(特にボカロP)は、YouTubeやニコニコなどの動画サイトをメインに活動していると思います。そこへ投稿する動画を自分で作っている方も少なくないでしょう。

グラボがあると、「Adobe After Effects」や「Premiere Pro」などの動画編集ソフトの動作が軽快になります(無いとまともに動かない)。エンコード(書き出し)の時間も短縮されますし、動画制作を行うDTMerにとっては必須と感じます。

おすすめグラボ

最後に、DTMで使うとしたらどんなグラボが最適か考えてみましょう!

先述の通り、「GTX1000番台以下」のローエンドは買う意味がありません。かといって、「RTX2000番台以上」のハイエンドは(動画を作らない方にとっては)オーバースペック。

私が考えるDTMグラボとして妥当なラインは、3万円前後で買える「GTX1650」です!(2022年3月時点)

注意点

グラボはマザーボードのPCIスロットに設置します。したがって、使えるのはデスクトップパソコンのみです。下記のような外付けユニットを利用すればノートパソコンでも使えるようにできるみたいですが、そこまでして導入する意味はないかなと思います。

また、中には補助電源が必要なものもあります。電源ユニットから伸びているケーブルに「6ピンコネクタ」があることを事前に確認してください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、DTMにグラボが必要かどうかについて考えてみました!

ぜひ参考にしてみてくださいm(__)m

目次