【自作PC】予算10万円で組む!Intel第12世代CPU搭載DTM用PC!

11月4日、Intelの第12世代Core CPU『Alder Lake』6製品が発売されました。

この『Alder Lake』最大の特徴は、処理性能重視のPコア(Performance-core)と、電力効率重視のEコア(Efficient-core)からなる、ハイブリッド構成です。

それにともない、CPUインターフェイスはこれまでの「LGA1200」から「LGA1700」へ変更され、新たなチップセット「Z690」搭載のマザーボードが登場。加えて、メモリの新規格「DDR5」も生まれ、自作界隈は大変な盛り上がりを見せています。

この記事は、発売されたばかりの第12世代Core CPU『Alder Lake』を使って、10万円以内の自作PCが組めるかどうかチャレンジする妄想記事です!

目次

構成例

【CPU】インテル Core i5 12600K BOX ¥38,800 @最安
【CPUクーラー】サイズ 白虎 弐 SCBYK-2000I ¥2,323 @最安
【メモリ】Corsair CMK16GX4M2A2666C16 ¥7,980 @最安
【マザーボード】GIGABYTE Z690 UD DDR4 [Rev.1.0] ¥25,980 @最安
【SSD】WESTERN DIGITAL WD_Black SN750 SE ¥13,800 @最安
【ケース】Thermaltake Versa H26 Black /w casefan ¥3,760 @最安
【電源】玄人志向 KRPW-BK550W/85+ ¥4,980 @最安

合計 ¥ 97,623

今回考えてみた構成例です。とりあえず10万円以内にできました(OS除く)。

価格は2021年11月14日現在の価格.com上の最安値です。

現在の最安値確認

下記リンクより現在の最安値が確認できます!

DDR5メモリ入手できない問題

いきなり大問題発生です。
というのも、DDR5メモリが極端な品不足に陥っており、入手が非常に困難となっているのです。

万が一買えたとしてもとんでもなく高いんですよね。おそらく、いや100%、10万円で組めなくなってしまうので、残念ですが今回はあきらめます。(DDR5とDDR4でそこまで大きな性能差はないようですし)

あきらめますが、幸い「DDR4対応のZ690マザーボード」なるものがGIGABYTEから出ていますので、これを使ってみましょうか。

CPU

今回発売された『Alder Lake』は6製品です。予算10万円ですから当然グラボは買えませんので、グラフィック機能がないF付きモデルは除外です。よって「Core i9 12900K」「Core i7 12700K」「Core i7 12600K」の3つから選んでいくことになります。

「Core i9 12900K」は8万円なので消し。

「Core i7 12700K」は約5.8万円。


「Core i5 12600K」は約4万円。

さきほどのマザーボードに約2.6万円も使ってしまっていますし、まだまだ買うべきパーツがありますから、「Core i5 12600K」で組まざるをえないですね。

ゲーミング用途は無理ですが、10コア16スレッドですからDTMには十分使えるPCになると思います。先日オススメした「Ryzen7 5700G」とベンチマークの数値はほぼ同じみたいですし。

今回の記事より詳しく解説している部分があります!
ぜひ、この記事も読んでみてください!

CPUクーラー

まず、新規格「LGA1700」に対応している必要があります。このサイトを見ると、SCYTHE製のプッシュピンタイプ(白虎を除く)は、なぜか分かりませんがそのまま取付可能なようです。

というわけで、その中から現行商品かつ安価な「白虎弐」をチョイスしました。

SSD

ここまですべて妥協なので、さすがにここはPCIe4.0に対応したモデルを選びたいところ。このあたりですかね。約1.4~1.5万円くらいで思ったより安くて驚き。

メモリ

DDR4メモリは普通に買えます。値段も一時期に比べてだいぶ下がってきてます。とはいえ、潤沢な予算ではないためとりあえず16GBで。クロック低めのDDR4-2666ですが、上げたとしても体感できるほどの差はないはず。

このメモリは3年ほど前から私も使っています。

電源

電力を食うような構成でもないので、500Wもあれば十分でしょう。ケース内の配線がすっきりするプラグイン型がいいですね。玄人志向のこのシリーズは、心配になるくらい安いですが、これも3年前友人のPCを組んだときに使って、先月メンテしましたが現在も問題なく動作していたので信頼していいと思います。変換効率はブロンズですが。

ディスクドライブ

DTMerとCD取り込みたい人は買うべし。

ケース

マザーがATXなのでATXが入るケースを選びます。5インチベイありのケースがめちゃめちゃ減っていてほぼ選択肢がありません。前回同様Amazonランキング1位のこれで。

まとめ

妥協に次ぐ妥協でしたが、どうにか(?)組めました。
当初はOS込みで10万円を目指しましたが無理でした。

感想としては、どうせ組むなら、①予算を倍にして ②CPUのスペックを上げて ③グラボも付けて ④メモリもDDR5にした方が長期的に見て幸せになれると思います(元も子もない話ですが)。

そもそも現在は“ご祝儀価格”と”世界的半導体不足”のダブルパンチで、安くPCが組めるタイミングではありません。完全に無謀なチャレンジでした(分かった上でやっているのですが)。

以上、あんまり参考にしないでください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる