れれれP公式サイト【L3Project】/ 自身の作品紹介や楽曲制作テクニックなど

【コード進行】定番パターン3つだけで曲は作れる

この3つは、数えきれないほど多くの楽曲で使用されている超有名なコード進行です。
これらをマスターすることで、それっぽい曲が簡単に作れるようになります。

①王道進行 (F-G-Em-Am)
②小室進行 (Am-F-G-C)
③カノン進行 (C-G/B-Am-G-F-Em-Dm-G)

目次

使用例

私の曲は、ほぼこの3パターンで構成されています。
それでは恋歌シリーズを例に解説していきたいと思います。

イケ恋歌

【Aメロ】②小室進行
【Bメロ】①王道進行
【サビ】①王道進行

ツンデ恋歌

【Aメロ】③カノン進行
【Bメロ】①王道進行
【サビ】①王道進行

ヤンデ恋歌

【Aメロ】②小室進行
【Bメロ】①王道進行
【サビ】②小室進行

ヘタ恋歌

【Aメロ】×該当せず
【Bメロ】①王道進行
【サビ】①王道進行

マセ恋歌

【Aメロ】×該当せず
【Bメロ】①王道進行
【サビ】①王道進行

①王道進行はすべての曲に出てきます。
さすがにやりすぎな感じがありますが、
メロディを乗せやすい使い勝手のいい進行であることは分かると思います。

使われる理由

楽曲において重要なのは“流れのスムーズさ”です。
スムーズに流れていく曲は聴いていて心地よいので、自然と耳に残ります。
その条件をこれら3つの進行はすべて満たしています。

まとめ

「これじゃオリジナリティが出せない!」という方もいると思います。

しかし、同じ進行でもメロディやテンポ・ジャンルが違えばまったく違う曲に聞こえます。
上の例でもそれは分かると思います。
ですので、その点に関しては心配いりません。

むしろ、変にオリジナリティを出して聴かれない曲になってしまうことの方が問題です。

適切に使えば素晴らしい効果をもたらしてくれると思いますので、
ぜひ使ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる