れれれP全楽曲のコード進行を自分で分析してみた!

「定番コード進行3つだけで曲は作れる」という記事を前回書きました。
この他にも個人的によく使う進行があったので、それらについて調べてみます。

前回は恋歌シリーズのみを対象にしましたが、
今回は”れれれPの全楽曲”に広げてやってみたいと思います。

目次

頻出進行

・王道進行 (F-G-Em-Am)
・小室進行 (Am-F-G-C)
・カノン進行 (C-G/B-Am-G-F-Em-Dm-G)
・強進行 (Dm-G-C-F)
・4566 (F-G-Am-Am) 王道進行の派生
・4436 (F-F-Em-Am) 王道進行の派生
・1145 (C-C-F-G) 主要三和音

特によく使われる上記の7パターンについて調べました。
調べたというか、自分の曲なので思い出しながら書きました。
各セクションの中で1回でも使われていれば使ったとみなします。

全楽曲コード進行表

発表年月日タイトルAメロBメロサビ
2008/2/10ヘタ恋歌1145王道王道
2008/3/17One Promise王道王道カノン
2008/3/20スパゲティのうた1145なし王道
2008/3/31イケ恋歌小室王道王道
2008/4/20ツンデ恋歌王道王道
2008/4/30マセ恋歌王道王道
2008/6/12NOSTALGIA456645664566
2008/7/5セツナノヒカリ王道王道王道
2008/7/27サマーグラフィティカノン王道カノン
2008/10/10With…11454566王道
2008/11/3ヤンデ恋歌小室王道小室
2008/11/25ディスコティック★ラヴ王道王道
2008/12/24クリスマスプレゼントカノン王道カノン
2009/3/8春風恋慕4436王道4566
2009/3/10愛しのPOTECHI 4566
2009/8/22La Fiesta小室王道王道
2009/10/17Lonely Runner45664566王道
2009/11/6MISSION_K4566王道
2009/12/30ねこかぶりなぼくら1145王道4436
2010/2/18ボクとアリスのワンダーランド1145小室
2010/6/2バカっ!王道なし王道
2010/7/7プラネアリウム1145
2010/7/19れれれぼりゅーしょん211145王道カノン
2010/9/19メイズ小室4566
2010/9/19パラレルパラノイア王道
2010/11/8パレードオンパレード王道カノン
2011/1/8KEEP×OUT!王道4566
2011/2/5月虹のワルツ小室王道王道
2011/6/3タップ アンド ビート王道
2011/6/12ホンキのキモチ小室王道
2011/8/13BE MY BABY45664566
2011/8/13HOW TO LOVEカノンカノン
2011/10/22漆黒王子-dark prince-王道王道
2011/12/12三度目の冬小室王道
2011/12/21新説少年進化論
2011/12/26オフェリア
2012/1/16恋人自慢王道
2012/4/28ライオンになってみたい1145
2012/4/28ラブソングは歌えない王道王道王道
2012/8/11大バカっ!王道なし王道
2012/8/11アイツによろしく王道王道
2012/8/11ポラロイドカノン
2012/10/28イザ、サラバ王道王道
2012/11/3piscesカノン4436
2012/11/25ぼくらのハートビート王道王道
2013/2/22ヤサグ恋歌小室
2013/6/23ノイズキャンセラー4566小室
2013/8/12バイバイでグッバイカノン王道カノン
2013/8/12まっくらくらやみ
2013/11/4ありがとサンキュー!カノン
2013/12/31世界を変える二文字の合言葉カノン王道
2013/12/31クリスマスがくるまでにカノン王道
2014/4/26クッキン・クッキーズ1145王道
2014/6/29夏のむこうの蜃気楼王道小室
2014/8/17地獄の鬼いさん王道王道カノン
2014/11/3ぼくのしあわせカノンカノン
2014/12/27ギャラクシアン・ルーレット王道
2015/4/25オオカミだれだ4566
2015/8/14やまぶき色の恋4566
2015/11/29勇気をひとつ王道王道
2016/3/6春色エトセトラカノン

まとめ

記憶違いがあるかもしれませんが、大体こんな感じです。
調べるまでもなくわかっていたことですが、
王道進行の使用回数がヤバいですね…。

2012年頃からはさすがに控えるようになって、代わりに強進行の出番が増えました。
強進行は王道進行のFとEmを代理コードのDmとCに変えただけなので実質同じです。
4566 や4436も王道進行の亜種みたいなものなのでこれも実質…。

ほとんどの曲がいずれかの進行を使用している一方で、
「オフェリア」や「まっくらくらやみ」なんかは、
やたら凝った作りをしていて
これはまた別の機会でお話ししたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる