【自作曲解説】ふたりのバレンタイン / 鏡音レンV4X

目次

音源

歌詞

雪がまだ残る道を ぽつんと歩いている
となりにきみがいれば 寒さも平気なのに

凍えたきみの両手を あたためてあげたい
僕ならどんな魔法でも かけてみせる

ねぇ この気持ちだけ 言わせてくれないか
そう 今日この時に だからこそ言える
甘くてせつない ちょっぴり苦い
ふたりのValentine’s Day

カレンダーの日付を ぼんやり眺めている
ひとつの時代が終わる前には 生まれ変わる

こぼれたきみの涙を 受けとめてあげたい
僕ならどんな嘘でも 本当にさせる

ねぇ この気持ちさえ いつかとけるならば
もう 今日この時を 宝物にする
聞こえる高鳴り 感じる痛み
すべてがValentine’s Day

ねぇ この気持ちだけ 言わせてくれないか
そう 今日この時に だからこそ言える
甘くてせつない ちょっぴり苦い
ふたりのValentine’s Day

楽譜

解説

元は自分用に書いた曲ですが、バレンタインですしレンが歌っても違和感ない歌詞だったので、セルフカバーとして作ってみました。

レンの音域に合わせるため、キーを4つ下げました。
それに伴い、打楽器以外のパートを作り直しました。

編曲・ミックス

ピアノとベルはZENOLOGY (Roland Cloud)、ギターとベースとパッドはHALion Sonic 3 (Steinberg)です 。90年代的な音が欲しいときは迷わずRoland Cloudから選びます。HALionは欲しい音がすぐ見つかるので便利です。

ミックスは全チャンネルにbx_console SSL 4000 Eを挿し、疑似的にSSLのミキシングコンソールを再現。音の質感が揃うのでとてもやりやすかったです。デジタル特有のザラつきが薄まって、いい感じの仕上がりになったかなと思います。

調声

普段はAppendのレンしか使わないのですが、今回はV4Xを使ってみました。

V2エディタしかまともに使ってこなかったのでV5エディタには苦戦しましたが、徐々に慣れていこうと思います。ハモリやコーラスも地味にがんばったので聴いてください。

created by Rinker
クリプトン・フューチャー・メディア

宣伝

新譜「PIANISSIMO EP」には、さらにブラッシュアップしたバージョンが収録されています!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる