Universal Audio新製品「Volt」5機種比較レビュー!(Volt1 Volt2 Volt176 Volt276)

Universal Audio社の新型オーディオインターフェイス「Volt」5機種が、まもなく日本でも発売になります!

この記事では、これら5機種を比較しながらわかりやすく解説していきます!
購入前のモデル選びの参考にしていただければと思いますm(__)m

目次

はじめに

Universal Audio社のオーディオインターフェイスといえば、Apolloシリーズをはじめとするプロ向けの高価格帯製品で知られており、初心者にとっては高嶺の花でした。

しかし、昨年からのコロナ禍による宅録需要の増加を受け、ついに「初心者用低価格インターフェイス市場」への参入を決めたようです。

低価格とはいえ、品質を妥協しているわけではありません!
これまで培ってきた他社とは一線を画すUA独自の技術がしっかり盛り込まれています。

それでは具体的に見ていきましょう!

2つの注目機能

① UA610を再現したプリアンプ

1つ目の注目機能は「UA610」を再現したプリアンプです!

プリアンプとはINPUTに繋いだマイクやラインの信号を増幅する回路のことで、録音品質を大きく左右するオーディオインターフェイスにおける最重要部位です。

Voltには、UAの伝説的な真空管アンプ「UA610」をシミュレートしたプリアンプが5機種すべてに搭載されています。

安価なインターフェイスで録音すると、どうしても芯のない細い音になってしまいがちですが、Voltシリーズであれば真空管アンプに近い温かみのある太い音での録音が可能になります!

「VINTAGEボタン」をオフにすれば、クリーンなサウンドのまま録ることもできます。

② UA1176を再現したコンプレッサー

2つ目の注目機能は「UA1176」を再現したコンプレッサーです。

コンプレッサーとは一定の音量を超える信号をリダクション(減衰)させる回路のことで、録音時のレベルのバラつきを抑える効果があります。

Volt176/276/476の3機種には、どこのレコーディングスタジオにも必ずある超定番コンプレッサー「UA1176」をベースとしたアナログコンプレッサーが搭載されています。

「UA1176」も「UA610」同様、独特のサチュレーション(倍音)を付加するアウトボードとして知られており、レベルを均すと同時にアナログらしいファットなサウンドが手に入るでしょう。

「76COMPRESSORボタン」をオンにすることでこの機能は有効になります。設定は「VOC」「GTR」「FAST」の3種類から選択することができ、アタック値とリリース値がそれぞれ異なります。

選び方

ここからは「Volt」5機種が、それぞれどんな人に向いているか解説していきます。

入力数出力数76COMP価格
① Volt 112×17,050円
① Volt 1761230,800円
② Volt 222×23,100円
② Volt 2762236,850円
③ Volt 4764445.100円
機能比較表

① 歌い手、ギタリスト、配信者に「Volt 1」「Volt 176」

入力数が1つ=モノラル録音モデルです。

・ボーカルやエレキギターの録音がしたい人、
・ゲーム実況や生放送を行う配信者などにオススメ!

② 迷ったらコレ!「Volt 2」「Volt 276」

入力数が2つ=ステレオ録音モデルです。
(モノラル2系統としても使えます)

・キーボードやシンセサイザーの録音がしたい人、
・アンプシミュレーター経由(ステレオ)でギターの録音がしたい人、
・ボーカル(モノ)+アコギ(モノ)の弾き語り録音がしたい人、
・レコードやカセットの音をPCに録音したい人などにオススメ!

入力が2つあるとかなり用途が広がります。
他社製のオーディオインターフェイスもほとんどは2入力2出力ですから、この中ではもっとも無難な選択肢かなと思います。迷ったらコレ!

③ 弾き語り、ドラム録音に「Volt 476」

入力数が4つ=ステレオ2系統モデルです。
(モノラル4系統としても使えます)

・ボーカル(モノ)+キーボード(ステレオ)の弾き語り録音がしたい人、
・ボーカル(モノ)+アコギ(ステレオ)の弾き語り録音がしたい人、
・ドラムの録音やバンド録音がしたい人などにオススメ!

自分だったらこれを買う!

ここからは、もし自分が買うとしたらどれかを考えてみます。

まず「76COMPRESSOR」機能は絶対欲しいので、176/276/476の3機種に絞られます。次に入力数ですが、モノラルでは楽器(シンセ等)の録音に支障をきたすため、276か476になります。とはいえ4chも要りませんので、

結論は「Volt 276」です!

まとめ

いかがでしたか?
Universal Audio社の新型オーディオインターフェイス「Volt」5機種の比較解説でした!

このシリーズは、入門用でありながらプロ機材に近い音で録音ができるコスパに優れた製品だと感じました。

購入前の参考にしていただければと思いますm(__)m

目次
閉じる