れれれP公式サイト【L3Project】/ 自身の作品紹介や楽曲制作テクニックなど

初心者が最速で作曲できるようになるたったひとつの方法と4つのコツ

この記事では、初心者の方向けに
最も効率よく作曲に必要な技術をマスターするための方法を、
20年に渡る私の音楽経験をもとにご紹介します。

目次

4つの条件

  1. 音楽に詳しい
  2. 楽器が弾ける
  3. 楽譜が読める・書ける
  4. コードが分かる

絶対ではありませんがこの4つを満たしていれば、
かなりスムーズに作曲を始められるでしょう。

順番に解説していきます。

音楽に詳しい

1つ目の「音楽に詳しい」は、これから作ろうとしているジャンル、
ポップスだったらポップスについて熟知しているかどうかという意味です。
作曲する上で、音楽の引き出しが多いに越したことはありませんからね。
とはいえ、作曲を始めようとするほどの人であれば、すでに相当な音楽好きでしょうから、
ほとんどの人はクリアしていると思います。

私の場合はJ-POP、特に小室ファミリーが好きだったので、
小室氏の作品であればとにかくすべて聴いて、
その分野に関しては誰よりも詳しくなろうとしていました。

楽器が弾ける

2つ目の「楽器が弾ける」は、楽器なら何でもいいわけではなく、ピアノです。
ピアノが弾けると、作曲はもちろんDTM全般で非常に役に立ちます。

なぜピアノなのかというと、曲を打ち込むときにMIDIキーボードを使うからです。
打ち込みとは、DAW(作曲ソフト)に音符を入力していく作業のことです。
DTMにおいては、作曲者がアレンジまで行う場合がほとんどですから、
作曲後アレンジを行うことまで考えると、ピアノが弾けた方が圧倒的にラクなのです。

もちろん、マウスで打ち込むことも可能です。
私も最初はマウスで打ち込んでいました。
しかし、時間がかかりますし、リアルな演奏を打ち込もうと思ったら無理です。

完成度の高い曲を作るためには、ぜひマスターしておきたい技術です。

しかし、ピアノを習いに行く必要はありません。
なぜなら、作曲に必要な技術は一般的なピアノ教育では身につかないと考えるからです。
相応の時間はかかりますが、ピアノも作曲も独学で問題なく習得できます。

楽譜が読める・書ける

3つ目の「楽譜が読める」は、人の曲を分析して学びを得るために必要です。
以前にもお伝えしたように、作曲やアレンジに関するほとんどのテクニックは楽譜から学ぶことができます。

さきほどの楽器の演奏も楽譜が読めなければ習得できませんので、
これは絶対に外せない条件
と言えます。

「楽譜が書ける」は、自分で考えたメロディをDAWに入力するために必要です。
実際は楽譜ではなく、ピアノロールと呼ばれる画面に入力していくわけですが、
音符がバーになっただけで、考え方は楽譜と同じです。
楽譜が読めるようになれば、自然と書くこともできるようになるので問題ないでしょう。

コードが分かる

4つ目の「コードが分かる」は、メロディに伴奏をつけるために必要です。
作曲とは「メロディ」と「伴奏」を考えることです。

コードを知っていると、伴奏を簡単に記すことができるようになります。
たとえば「ド・ミ・ソ」という和音も、コードであれば「C」の1文字で表せます。

市販の楽譜には、メロディや歌詞とともにコードが必ず書かれていますから、
楽譜を正しく読み取るためにもコードの知識は必須です。

また、コード進行をはじめとする音楽理論を学ぶ場合にも必要となってきます。
コード名を見てすぐに構成音が言えるレベルを目指しましょう。

作曲最速マスター術「歌本練習法」

上記4条件を効率よく同時に訓練できる方法があります。
それがこれからお伝えする「歌本練習法」です。

歌本とは

最新ヒット曲の楽譜が数百曲掲載されている書籍全般を「歌本(うたぼん)」と言います。
かつて「月刊歌謡曲」通称「ゲッカヨ」という音楽雑誌があり、私はこれを愛読していました。

方法

「コードを調べながらいろんな曲をピアノで弾く」
これが歌本練習法のすべてです。

具体的に説明します。
権利の関係上、実際のページは載せられませんので、自分の曲で紙面を再現しました。
上部にタイトルと歌手名と歌詞、その下にメロディとコードが記載された楽譜があります。

自分の弾きたい曲が載っているページを探し、
右手でメロディを弾き、左手で伴奏となるコードを押さえます。

わからないコードがある場合は、巻末にコード一覧表があるのでそれを確認します。
たとえば、この曲の最初のコードはDM7(レ・ファ#・ラ・ド#)です。

ピアノの練習といえば、普通はこういった右手と左手の演奏がキッチリ書かれている楽譜(二段譜)を想像するかと思います。
二段譜は左手(コードの構成音)が親切に書かれているので、一見便利なように思えます。
しかし、「自分でコードを確認する作業」があるからこそ、しっかりと脳に記憶されるのです。

これを何百曲何千曲と繰り返していけば、確実にすべてのコードを覚えます。
そして、まったく知らない曲であっても楽譜を見た瞬間、スラスラ弾けるようになります。

つまり、①ヒット曲に詳しくなりながら ②楽器の演奏
③楽譜の読み書き ④コードの暗記
 ができるようになるわけです。

作曲に必要なすべての技術が手に入る、最強の上達法だと思います。
実際に私はゲッカヨを2000年から不定期で数年に渡って買い続け、
これらの技術を習得していきました。

なので自分の曲が掲載されたときは猛烈に嬉しかったです。

入手法

ゲッカヨが廃刊となった現在も、歌本自体は出版されていますのでご安心ください。
Amazonは転売価格ですが、本屋に行けばこういう感じの本が音楽誌コーナーに置いてあります。
最新曲にこだわらなければブックオフ等の古本屋でも買えるでしょう。
というか古い曲は古い曲で勉強になるので、知っておいた方がいいです。

まとめ

ここまで、具体的な作曲の方法について言及してきませんでしたが、
この「歌本練習法」を数年続ければ間違いなく曲が書けるようになっています。

なぜなら、膨大な量のヒット曲のメロディやコード進行が
脳にインプットされているからです。
あとは、自分のセンスでそれらを組み合わせ発展させていくだけです。

遠回りに思われるかもしれませんが、ぜひ一度試してみてください。
初心者であればあるほど、成長が感じられると思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる