Empirical Labs FATSOで曲に温かみをプラス!

PC内で完結するいわゆるIN THE BOXで作った曲は、
デジタル特有の冷たい平坦なサウンドになりがちであり、
それが素人っぽいにつながる要因のひとつであると考えられます。

ここにアナログ感(サチュレーション)を足すことで、
それらを緩和する効果が期待できます。

この記事では、私がかれこれ7~8年愛用している
Empirical LabsのFATSOについて解説します。

目次

サチュレーション

サチュレーションとは真空管アンプ等のアナログ機器に
音を入力した際に生じるわずかな歪みのことで、
サウンドに太さや温かみを与えると言われています。

我々素人の音とプロの音を聴き比べると
絶望するくらい違いますよね。

素人の音はジャリジャリというかザラザラというか、
角が立っていてなめらかでない。耳が疲れるサウンドです。
そうなってしまう原因は無数にありますが、
そのひとつにサチュレーション不足があると考えられます。

PC完結(IN THE BOX)で作っていると、
どうしてもこのサチュレーションが得られず、
上記のような素人特有の音になってしまうワケです。

一方、プロの音はレコーディングやミックス・マスタリング時に
様々なアウトボードによって、適度なサチュレーションが付加されているため、
聴いていて心地いいサウンドに仕上がっています。

Empirical Labs FATSOとは?

EMPIRICAL LABS ( インペリカルラボ )
EL7-X FATSO コンプレッサー/テープエミュレーター

FATSOは本物のアナログ回路を複雑なルーティングでデジタル制御することで、
様々なアナログデバイスの温かみをサウンドに付加できるオプティマイザー&コンプレッサー。
プラグインなどには無い本物のアナログ回路から導きだされるサウンドが
音楽的な響きと質感を加えてくれます。

FATSOでは複雑なプロセッシングを組合わせ、トランス回路、真空管、
テープコンプ、テープサーチュレーション、アナログレコードなど考えうる
全てのアナログデバイスの音色を再現します。
さらにNEVEやAPI、UREI、Fairchildなどのビンテージ機器の
滑らかな音色をも再現する事ができます。


<サウンドハウス商品ページより引用>

ボタンやツマミが少なく、
手軽に曲に温かみをプラスできるので重宝しています。
これが私がこの製品を愛用する最も大きな理由ですね。

本記事では、私流の使い方を解説しています。
正しい使い方は下記サイトやマニュアルをご確認ください。

公式サイト

UADプラグイン

輸入代理店

実機かプラグインか

(2013年頃撮影)

実機とプラグインの両方を使ってみた経験から言うと、
これからFATSOを導入したいと思ってる方には、
UADのプラグイン版をオススメ
します。

実機の現在の価格は約33万円。一方プラグインは約3.3万円($299)です。
プラグインとはいえ、再現度は十分高く、
10倍の金額を払ってまで実機を買う必要はないと判断しました。

ご存知の方も多いと思いますが、UADのプラグインは上記のような、
SHARCチップ搭載のUniversal Audio製品を持っていないと使用できません。

まだ持っていない方は、まず導入に10万円近く費用がかかってしまいますが、
UADのプラグインはどれも優秀ですし、ずっと使い続けていける品質ですから、
十分価格に見合った効果が得られる投資であると考えます。

オススメ設定

FATSOを使う場面は主にマスタリングです。
マスタートラックの最初(マキシマイザーの前)に挿しておくと、
デジタル特有の角が取れ、
音圧を上げても耳に痛くないサウンド
に仕上げることが可能です。

COMP:OFF / Warmth:3 / TRANNY:ON
IN/OUTはデフォルトの5のまま。

コンプ設定

コンプは7通りの設定ができますが、
2mixに使うにはどれも効きすぎるのでOFFにします。

コンプをかけるならば、
下記のようなバスコンプを後ろに挿しましょう。
どれも素晴らしい出来でオススメです。

サチュレーション設定

Warmthは上げすぎると音割れしてしまうので3くらい
TRANNYはONかOFFしかないのでもちろんON
この2つがサチュレーションを司っています。
ソースに合わせて適宜調節してください。

検証

上記の設定でどれくらいサチュレーションが発生するか、
1kHzのサイン波を入れて視覚的に確認してみましょう。

↑使用前のナチュラルな状態

COMP:OFF・Warmth:3・TRANNY:ON

上にも下にもガッツリ倍音が足されました。
しかし、限界まで拡大して表示してこれなので、
見た目ほど派手な変化は聴感上ありません。

COMP:OFF・Warmth:3・TRANNY:OFF

TRANNYをOFFにしてみました。
2,3,4,5kHzの倍音だけ残りました。

まとめ

私流のFATSOの使い方をご紹介しました。
参考にしていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる