コミケ100に申し込みました&今後の方針

さきほど、「コミックマーケット(コミケ)100」のサークル参加申込を行いました。

目次

経緯

「まだまだコロナは収束しないし、一般参加もチケット制になって来られない人も多いだろうしな~」などと迷いつづけた結果、締切当日(今日)になってしまい、そうも言っていられなくなりました。

結局、中止になったC98の繰越クーポンの使用期限が今回まで(返金も選択できるが)なのと、記念すべき100回目のコミケ、などの理由で申し込むことを決めました。似たような理由で申し込む方は多そうだし、競争率はだいぶ高そう。

今後

ただ、自分の中でコミケに向ける熱意は10年前なんかと比べると確実になくなってきているし、BOOTHなどの通販で買う方も増えている現状、コミケに参加する重要性は下がってきています。そしてなにより、今はこのサイトを育てていくことの方が有意義に感じられるため、落選したらしたで構わないかなと。

とはいえ、新譜を作りたい欲求がまったくないわけではありません。先日、数年ぶりに発表した「andante -アンダンテ-」は、自分の想像以上にあたたかく迎え入れられてうれしかったですし、むしろ高まっていると言っていいです。現に、カバーではあるものの11月には新譜を出しました。

一方、この1年いろいろな記事を書く中で、これまで培ってきた自分の知識や経験を発信していくことの重要性にも気づきました。少なからず人の役に立てているなという実感があるし、記事を書けば書くほど知識も増え、自身も成長していると感じられるのです。

まとめ

というわけで、どっちつかずな状態が今後も続くと思われますが、どうか見守っていてください。よろしくお願いしますm(__)m

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる