Pulsar 1178 / 視認性抜群!ビンテージモデリングコンプレッサーレビュー

(公式サイトより)
目次

概要

レコーディングスタジオの定番ビンテージコンプレッサー「UREI 1176」の
ステレオ版である「UREI 1178」をシミュレートしたプラグインです。
現在はUniversal Audioが販売しています。

1176をモデルにしたプラグインは、
世界中のメーカーから数えきれないほど発売されていますので、
そこだけ見ればはっきり言って
希少性のあるプラグインではありません。

ではなぜ今回紹介するのかと言うと、
他の1176系プラグインにはありえない機能が
「Pulsar 1178」には搭載されている
からです!

コンプレッサーの難しさ

コンプレッサーの使い方をマスターするのは至難の業です。

なぜなら、適切なコンプレッションが行われているかどうかを、
自分の耳とリダクションメーターで判断するしかないからです。
この感覚は、経験によって身につける他ありません。

趣味で音楽をやっている我々DTMerには、
なかなか会得しがたい技術です。

「Pulsar 1178」は、この問題を解決する
ひとつの手助けとなるでしょう。

圧倒的な視認性

実際の挙動を動画で説明します。

プラグイン画面の右上部を見てください。
ここにリアルタイムで波形が表示されます。

下に表示されている灰色の波形が原音で、
上に表示されているひっくり返った赤色の波形がゲインリダクション量、
つまり実際に行われたコンプレッションを示しています。

赤の面積が小さければ軽いコンプレッション、
大きければ強いコンプレッションが行われているというワケです。
このように視覚的に圧縮具合が確認できるというのは、
とてつもない強みです。

コンプレッサーで特に難しいとされるアタックやリリースの調整も、
これを見ながら行えば、最適な設定を
スピーディーに見つけ出すことができる
でしょう。

例えば、29秒あたりからリリースを操作する場面があります。
耳だけで行うと、圧縮が次の音にかかってしまっていても
気づくことができない可能性があります。

ところが、視覚的に圧縮具合が確認できれば、
こういった過剰なコンプレッションを防ぐことが可能になります。

(公式サイトより)

似たプラグイン

視覚的にゲインリダクションを確認できるプラグインは、
「Pulsar 1178」だけではありません。

たとえばMeldaProductionの「MCompressor」です。
(下の動画で登場)

ただちょっと、GUIが分かりづらいと思い、
今回は「Pulsar 1178」をご紹介しました。

とはいえ、無料プラグインなので
とりあえず使ってみるのもアリでしょう。

パンジー関さんのコンプレッサー講座は
非常に勉強になるのでオススメです。

まとめ

ビンテージコンプレッサーのモデリングですから、
本来であればアナログ機材的なサチュレーションを
得るために使うプラグインだと思います。

しかし、あまりにもビンテージとはかけ離れた
実用的な機能が搭載されていたため、
これはぜひ紹介せねばと思い、記事にしました。

14日間は無料で試用できるので、
興味を持った方はお試しください!

公式サイト

購入リンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる