【VOCALOID調声】ボカロの歌声を聴きやすくするコンプレッサーの設定例

  • 2021.01.10
  • DTM

 前回の記事の続きです。今回は具体的なコンプレッサーの使い方をご紹介します。しかし、コンプレッサーの用途は多岐にわたり、最も使い方が難しいエフェクトでもあります。この記事ではVOCALOIDの調声に絞って解説します。

コンプの設定手順

①スレッショルド(圧縮を開始する音量)を決める

 コンプレッサーは、ある一定のラインを超えた音を圧縮するエフェクトです。スレッショルドでその基準となる音量を指定します。この値が低すぎるとかかりっぱなしになって不自然になってしまうので、必要最低限にとどめましょう。今回の場合は-6dbあたりが妥当と判断しました。波形を見ると決めやすいと思います。

②レシオ(圧縮率)を決める

 次に圧縮率を決めていきます。スレッショルドを超えた音をどのくらいの割合で圧縮するかを指定します。レシオは「〇:1」といった表記がなされます。「2:1」の場合は半分の音量、「3:1」の場合は3分の1の音量…という具合に、数値が大きくなればなるほど圧縮が強くかかるようになっています。たとえば、スレッショルドを-6db、レシオを2:1で設定すると、ピークは-3dbになります。

③アタック(②に到達するまでの秒数)を決める

 ②で決めたピークに達するまでにかかる時間を指定します。アタックとリリースは、「ms(ミリセカンド)」という単位で指定します。1ms=1000分の1秒、つまり1000ms=1秒です。ボーカルにかける場合、あまり長く設定してしまうと圧縮しきる前に次の音に行ってしまうので、短めが良いでしょう。

・短い=圧縮が急に行われる
・長い=圧縮が緩やかに行われる

④リリース(圧縮を解除するまでの秒数)を決める

・短い=圧縮が急に解除される
・長い=圧縮が緩やかに解除される

⑤微調整

 不自然な圧縮にならないよう、各パラメータを調整します。目安としてゲインリダクション(GR)が、大きいところで-3~-4db程度を目指すと良いでしょう。

設定例

 今回の設定はこのようになりました。使用したエフェクトはSONARに付属のSonitus:compressorです。基本的にパラメーターはどのメーカーのものを使っても同じです。

 実際の挙動を分かりやすくするため動画を貼っておきます。上の青い波形が元の波形、下が圧縮後の波形です。ピークが適切に処理されたと思います。

まとめ

・コンプの設定には順番がある
・自然な圧縮を目指す
・使いこなすのは難しい

 いかがだったでしょうか?コンプレッサーの使い方をかなり簡単に説明しました。本当に奥が深いので慣れるまでは大変だと思いますが、使いこなせるようになれば、強力な武器になります。ぜひ参考にしてみてください。

DTMカテゴリの最新記事